分類タグ

「何者」かになりたかった大人たち必見!SNS世代の青春「就活」活劇を目撃せよ!

2016年10月27日(木)
%e5%8d%b0%e5%88%b7%e7%94%a8_%e4%bd%95%e8%80%85_%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc

「何者」かになりたかった大人たち必見!SNS世代の青春「就活」活劇を目撃せよ!

作品紹介

何者

ひょんなきっかけから、就職活動の情報交換のために集まった22歳の5人。協力しながら就活を進める彼らだったが、内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いから人間関係に歪みが生じ始める。やがて「内定者」が現れたとき、それぞれに隠された裏の顔が現れ…

平成生まれの作家として初めて直木賞を受賞した、朝井リョウによるベストセラー「何者」を、人気演劇ユニット「ポツドール」主宰者の三浦大輔が監督・脚本を手がけたSNS世代の青春「就活」活劇。

ジワジワ度

86%

わたし

今週は『何者』を紹介するよ!

ミーちゃん

『君の名は。』『怒り』とヒットを飛ばしている東宝の川村元気さん企画・プロデュースだけに、気になっていたんだよね!

movie image
わたし

私も、川村元気プロデュース、音楽が中田ヤスタカ、キャストに佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之と今をときめくメンバーが揃っているだけに、かなりポップなエンタメ作品を想像していたんだけど、良い意味でそれを裏切る作品だったよ!

と言うのも、まず「就活」という重めのテーマを描いていることと、監督・脚本が演劇ユニット「ポツドール」主宰者の三浦大輔ということで、舞台の演出が取り入れられていて、どちらかというとダークな世界観の作品に仕上がっていたんだよね。

この作品は、好みが分かれるかもしれないな。

ミーちゃん

なるほどねぇ。しかし豪華キャストだよね!

わたし

本当だよね!

メインとなるのは、大学で同じクラスだった拓人・光太郎・瑞月の3人。

movie image
わたし

人を分析するのが得意で、演劇サークルで脚本を書いていた主人公の拓人は、佐藤健が演じているよ。

拓人は、就活を始めて演劇からは離れているんだけど、一緒に舞台の脚本を書いていた友だちは、大学を辞めて自分の劇団を立ち上げていて、なんとなくモヤモヤとした思いを抱えているんだ。

movie image movie image
わたし

次に、拓人の同居人で天真爛漫で人の心をつかむのが上手い光太郎を、菅田将暉が演じているよ。

光太郎は、バンドのボーカルとしてライブ活動を行っていたんだけど、就活が始まったら茶髪を黒くするなど気持ちをさっと切り替えて、サクサクと就活に取り組んでいくんだ。

movie image movie image
わたし

その光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続けている素直な性格の瑞月は、有村架純が演じているよ。

彼女は就職に対して現実的で、大きな夢を抱いたりせず、着々と就活に取り組んでいくよ。

movie image
わたし

そして拓人と光太郎の部屋の上の階にたまたま住んでいた、瑞月の友だちで「意識高い系」女子の理香に二階堂ふみ、理香の彼氏で、社会の決めたルールには乗らないと就活放棄中の隆良に岡田将生。

さらに今回、とっても良い味を出しているのが、拓人の先輩で理系の大学院生のサワ先輩を演じる山田孝之!出番は少ないんだけど、短くて、ズシンとくる言葉を発して去っていく…このちょっと「わかっている」感がたまらないよ!

サワ先輩が出てくるとちょっとホッとするというか…なんとなく保護者目線で5人を見ているような感じかな。

movie image movie image
わたし

それと、この映画の中では、SNSがかなり効果的に使われていてね。

例えばみんなで集まって話しているシーンでも、誰かが携帯で何か書き込んでいたりして。あとからその書き込みを見て「ああ、あの時こんなことを書いていたんだ」というような。

そういうことってよくあるよね!

movie image
ミーちゃん

あるある。それが「就活」のこととなると、本音で書ける部分と書けない部分があって、リアルそうだねぇ。

わたし

そうなんだよね。特にあの頃ってちょうどそういう年齢というか…まだ学生なんだけど、急に就活が始まって、社会人みたいに振るまいたい、振るまわなくてはいけないところもあったりして。

中盤で、ある一人に内定が出るんだけど、そこから一気に5人のバランスが崩れていくさまは観ていて怖くなるぐらい…!

movie image movie image
ミーちゃん

ヒリヒリしそうだねぇ…。

わたし

うん。ただ、なんとなく就活って内定が出たら成功なようなイメージがあるかもしれないけど…。

たとえ結果がダメだったとしても、「あ、今日は思っていることが言えたな」とかそういう瞬間ってあると思うんだよね。

ミーちゃん

うんうん。就活だけじゃなく、人生って「成功した!」とか「失敗した!」って特大の出来事よりも、「今日はちょっとうまくいったな」とか「今日はちょっとダメだったな」とかの小さな出来事の方が圧倒的に多いよね。

わたし

そうだね。

そういう意味で、この映画のちょっとだけ霧が晴れたようなラストは、見終わった直後に「よかった!」とか「面白かった!」というよりは、少し経ってからジワジワと心に響いてくるものがあるよ。

就活という一つのイベントを描いているようで、人生そのものを描いているようなこの作品にちょっと背中を押されたり、元気をもらえる人もいるんじゃないかな!

movie image movie image movie image
  • 原作:朝井リョウ(「何者」新潮文庫刊)
  • 出演:佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之
  • 監督・脚本:三浦大輔『ボーイズ・オン・ザ・ラン』『愛の渦』
  • 上映時間:98分
  • 公開日:10月15日(土)より全国東宝系にてロードショー
  • 公式サイト:http://nanimono-movie.com/index.php
  • (C)2016映画「何者」製作委員会
  • (C)2012 朝井リョウ/新潮社

先週までのポスト

follow me