女性ヒーローと男性ヒロインに注目!約30年ぶりの”オバケ退治”リブートを見逃すな!

作品紹介

ゴーストバスターズ

NYコロンビア大学の素粒子物理学博士エリン・ギルバートは世界初の心霊現象の科学的立証のため、日夜研究を重ねていた。しかし、かつて「幽霊は実在する」という主張の本を出版したことが明るみとなり、大学から追い出されてしまう。行き場を失ったエリンは、本の共同執筆者であるアビー・イェーツと“幽霊退治”を行う会社「ゴーストバスターズ」を起業するが…

1984年公開の『ゴーストバスターズ』、1989年公開の『ゴーストバスターズ2』の続編の予定だったが、オリジナルメンバーの死去により、第1作のリブート作品として制作されたSFコメディー。

爽快度

83%

わたし

今日のオススメは1984年の名作”オバケ退治”映画のリブート作品『ゴーストバスターズ』だよ!


ミーちゃん

わー!待ってました!

わたし

ファンが多い作品だけに、主人公たちを女性に変えた本作の出来を危ぶむ声をあったみたいだけど、蓋を開けてみたらなんとも爽快な作品に仕上がっていたよ!

オリジナル版の『ゴーストバスターズ』を観たことがない人でも、お話自体はシンプルなので大丈夫!


ミーちゃん

あの有名なテーマソングや、トレードマークの「ノーゴーストマーク」しか知らないって人でも大丈夫?


わたし

もちろん!オバケを退治する、というシンプルなお話なので「子ども向けかな?」と思っている人もいるかもしれないけど、大人も十分に楽しめるよ!

特に注目して欲しいのが、「ゴーストバスターズ」のメンバーのひとり、ジリアン・ホルツマンを演じたケイト・マッキノン!下の写真の金髪×黄色いゴーグルの女性ね。




movie image


movie image

ミーちゃん

かっこいい!


わたし

でしょでしょ!

彼女は「ゴーストバスターズ」のエンジニアで、オバケ退治の武器を作るんだけど、研究大好きで、遊びココロ溢れるキャラクター。ノリノリで現場に出かけていく姿に、男女問わずファンになってしまうこと間違いなし!

ミーちゃん

へー!早く動いているところを見たいな。


わたし

そしてさらに!

今作で見逃せないのが、「ゴーストバスターズ」の秘書として雇われるケヴィンを演じるクリス・ヘムズワース!

彼は黙っていれば文句なしのイケメンなんだけど、口を開くととってもおバカという役どころなんだ!



movie image

ミーちゃん

クリヘム!『マイティ・ソー』のソー役の人だよね?

わたし

うん!

このケビン役が最高にハマり役で、めちゃくちゃ可笑しいから、それだけでも観る価値アリだよー!

ミーちゃん

おもしろそう〜!


わたし

ケビンはおバカだけど可愛くて憎めない、まさに「ゴーストバスターズ」にとってはヒロイン的な存在なんだ。この男性がヒロイン的な存在っていうのも新しくていいよね!

もちろんオバケや映像も、オリジナルと比べて格段にキレイになっているからぜひぜひチェックしてみてねー!


movie image


movie image


  • 原題:Ghostbusters
  • 監督:ポール・フェイグ
  • 主演: クリステン・ウィグ、メリッサ・マッカーシー、ケイト・マッキノン、レスリー・ジョーンズ、クリス・ヘムズワース
  • 上映時間:111分
  • 公開日:8月19日(金)より全国ロードショー
  • 公式サイト:http://www.ghostbusters.jp

続きを読む

ラブ・ストーリー好き必見!「きみ読む」原作者が贈る-美しい恋の物語に、夏の疲れを癒される

作品紹介

きみがくれた物語

ノースカロライナ州の海沿いにある小さな町に住む、トラヴィスとギャビー。出会いは最悪、お互いに恋人も居たふたりだったが、次第に惹かれあっていく。だがある日、久しぶりのデートの約束にトラヴィスが遅れた日、ギャビーが交通事故にあってしまい…。

『きみに読む物語』のニコラス・スパークスの原作を映画化したラブストーリー。

胸キュン度

90%

わたし

ミーちゃーん!


ミーちゃん

どうしたの?

わたし

なんかね。決して大作や話題作ってワケではないんだけど、1年に1本ぐらい観たいジャンルの映画ってない?

例えば『ラブ・アクチュアリー』とか『ニューイヤーズ・イブ』みたいな群像ホリデーものとか、『コヨーテ・アグリー』や『バーレスク』みたいな歌って踊るクラブものとか。


ミーちゃん

あるある。ぼくはねぇ…「アン・ハサウェイが、恋や仕事をがんばる」シリーズかな。『プラダを着た悪魔』に『マイ・インターン』。


わたし

わかる!アン・ハサウェイ、わかる!「がんばるアン・ハサウェイ」っていうジャンルがあってもいいぐらいだよね!

でも私はやっぱりラブストーリーかな。ちょっと古いけど『10日間で男を上手にフル方法』みたいな軽くて、ハッピーなの。

今日紹介するのは、そんな1年に1本は観たいラブストーリー『きみがくれた物語』だよ〜!




movie image


movie image

ミーちゃん

『きみに読む物語』っていう映画、あったよねぇ。10年ぐらい前かな、懐かしいなぁ。


わたし

ミーちゃん、その『きみに読む物語』と、『きみがくれた物語』はまさかの同じ原作者なんだ!

と言っても、今回はあまり「物語」は関係ないから、個人的には原題の『The Choice』の方がしっくりくるんだけど、『きみに読む物語』と同じ人が書いているってことは判りやすいタイトルだよね!

ミーちゃん

えっそうなの?続編ではないんだよね。どんなお話なのかな?


わたし

舞台はノースカロライナ州の海沿いにある町、ウィルミントンだよ。

典型的なモテ男のトラヴィスと、医学生でインターンとして働いているギャビー。ふたりは家が隣同士なんだけど、最悪の出会い方をするんだ。

そのとき、ふたりはお互いに恋人がいるんだけどね。トラヴィスはモテ男にありがちな、誰かと深い関係になる気がない感じ。ギャビーの方はインターン先の病院の院長の息子とうまくいっているんだけど。



movie image

わたし

そんなある日、ギャビーの恋人が出張に行くことになってね。

会えばケンカしてばかりのトラヴィスとギャビーだったんだけど、素の自分を見せられる関係から、お互いに惹かれあい、距離が縮まっていくんだ。



movie image


movie image


movie image

ミーちゃん

いいねぇ。よくあるけど、いいねぇ。

わたし

この映画は、予告編でもチラシでも、ふたりが結ばれてからの事-ある日ギャビーが事故に遭ってしまい、トラヴィスが辛い決断を迫られる-というところがストーリーの肝になっているんだけど、むしろ、ふたりが結ばれるまでのところが見所だと伝えたいよ!

ノースカロライナの景色の美しさも手伝って、もう最高にきらめいているんだ…。



movie image

movie image

ミーちゃん

ロマンチックだね〜


わたし

泣けるシーンじゃないはずの、プロポーズのシーンとかがね、一番泣けるんだよね。人生ってなんて美しいんだろうと思うよね。

もちろん、トラヴィスを演じるベンジャミン・ウォーカーも、そして何と言ってもギャビーを演じるテリーサ・パーマーの魅力も大きいんだけどね。


movie image


movie image

ミーちゃん

ギャビー、すごっくかわいいね!


わたし

奇をてらったお話ではないし、出来過ぎだ!って思う人もいるかもしれないけれど…。

難しい感想は抜きにして、たまには美しいラブストーリーに浸って、癒されてみるのもオススメだよ〜!



movie image


  • 原題:The Choice
  • 監督:ロス・カッツ『ロスト・イン・トランスレーション』(製作)
  • 主演:ベンジャミン・ウォーカー、テリーサ・パーマー
  • 上映時間:111分
  • 公開日:8月13日(土)より渋谷シネパレスほか全国順次ロードショー
  • 公式サイト:http://kimi-monogatari.com/
  • ©2016, Choice Films, LLC All Rights Reserved.

続きを読む

『ローマの休日』を書いた男はなぜオスカー像を受け取れなかったのか?映画ファン必見、真実の物語

作品紹介

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男

1947年。ハリウッドの売れっ子脚本家ダルトン・トランボは、妻と3人の子どもと幸せに暮らしていた。しかし、アメリカとソ連の関係が悪化する中、共産主義者を排除しようとする赤狩りの矛先がトランボにも向けられて…

理不尽な弾圧によってハリウッドを追われた脚本家の苦難と復活を描く、真実の物語。

胸打つ度

92%

わたし

ミーちゃん…


ミーちゃん

どうしたの!なんで泣いてるの?

わたし

素晴らしい映画に出会ってしまったんだけどね…

夏の大作映画に押されて、あんまり目立っていないのが悲しくて…


ミーちゃん

そんなことで泣いていないで、なんていう映画なのか、教えてよ!


わたし

アカデミー脚本賞を2つも受賞した脚本家、ダルトン・トランボを描いた『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』という作品だよ!

ミーちゃんは『ローマの休日』はもちろん観てるよね?


ミーちゃん

大好きだよ!


わたし

その『ローマの休日』の脚本を書いたダルトン・トランボが、1940年代にハリウッドで起きた、共産主義者を弾圧する赤狩りにあっていたことは知っていた?

赤狩りの中心機関だった下院非米活動委員会は、取調べを行なうため、ハリウッドで活躍していた映画監督、脚本家や俳優などの中で、共産党と関連があったとされる人物たちを列挙した「ハリウッド・ブラックリスト」なるものを作ったんだ。その中から、召還や証言を拒否して議会侮辱罪で有罪判決を受けた主要な10人が「ハリウッド・テン」と呼ばれていてね。

ダルトン・トランボはこの「ハリウッド・テン」の一人だったんだ。



movie image

ミーちゃん

それは知らなかったな!


わたし

赤狩りに対しては、大衆が注目するハリウッドのスターを巻き込んでの証言や抗議運動があってね。「ハリウッド・ブラックリスト」に列挙された人たちは、ハリウッドで働くことを拒否され、思想信条差別の一大事件になったんだ。

この作品は、そんな赤狩りによって議会侮辱罪で有罪となり投獄までされたダルトン・トランボが、出所後に公に活動できなくなってから、いくつもの偽名を使い分けて密かに脚本を書き続けることで、復活を遂げていく物語だよ!

主人公を演じているのは、 TVシリーズ「ブレイキング・バッド」の主人公ウォルター・ホワイト役でブレイクしたブライアン・クランストン。このブライアン・クランストンの演技がもう、素晴らしくて…。

アカデミー賞の主演男優賞にもノミネートされていたよね。



movie image

わたし

さらに!脇を固める俳優陣の演技も素晴らしくってね。

まず、トランボの妻・クレア役がダイアン・レイン。ハリウッドの反共産主義勢力を結集し、トランボを追い詰める女優・コラムニストのヘッダー・ホッパーにヘレン・ミレン。そして、トランボの聡明な娘・ニコラにエル・ファニング。

豪華でしょ〜!



movie image


movie image


movie image

ミーちゃん

本当だね〜!このキャストだけで、もう観たくなったよ!

わたし

共産党員であることは、法的には何ら違法ではなかったんだけどね。実際のところ、トランボ自身も過激な思想は持たない家庭人で、社会の不平等を憎む愛国者だったんだけど…。

その時代のアメリカでは、破壊分子とされた脚本家たちによって作られた映画を観たら左派的な考えになっていくのではないかと懸念されていたんだ。元共産党委員だった彼らが、映画を使って国家転覆を企てようとしていると考えられていたんだよね。



movie image


movie image

ミーちゃん

そうだったんだね。


わたし

彼らが作った映画を観ても、危険な感じはしないものばかりだったみたいなんだけどね。

そんなわけで、議会侮辱罪で投獄され、出所後も仕事がなくなってしまったトランボだけど、彼が考えた復活の方法は、偽名を使って、とにかく面白い脚本を世に送り出していくことだったの!

タイプライターひとつで世の不条理と戦い、自由を勝ち取っていく様は観ていて胸がすくし、彼が万感の思いを込めたラストのスピーチシーンは心を打たれるものがあるので、ぜひ観てほしいよ!



movie image

ミーちゃん

重たいテーマだけど、スカッとできそうだね。


わたし

窮地に陥り、一度は壊れかけた家族の絆を、トランボがどう取り戻していくのかにも注目だよ!



movie image


movie image


  • 原題:TRUMBO
  • 監督:ジェイ・ローチ『ミート・ザ・ペアレンツ』『オースティン・パワーズ』
  • 主演:ブライアン・クランストン「ブレイキング・バッド」、ダイアン・レイン『運命の女』、エル・ファニング『マレフィセント』、ヘレン・ミレン『クィーン』
  • 上映時間:124分
  • 公開日:7月22日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
  • 公式サイト:http://trumbo-movie.jp/
  • ©2015 Trumbo Productions, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

続きを読む

1950年代のブルックリンに酔いしれる!アイルランドからNYへ、愛と未来を探した一人の女性の成長物語

作品紹介

ブルックリン

1950年代のアイルランド。小さな町に住む主人公・エイリシュは、単身NYへと渡米することを決める。しかし、彼女を待ち受けていたのは、故郷とはあまりに違う都会の洗礼で…

『つぐない』で13歳にしてアカデミー助演女優賞候補となったシアーシャ・ローナンが主人公エイリシュを演じる、静かなる感動作!

ほろ苦度

78%

わたし

今日紹介するのはアカデミー賞 作品賞・主演女優賞・脚色賞にノミネートされた『ブルックリン」。先週紹介した『シング・ストリート 未来へのうた』に続いて、アイルランドからの上京モノだよー!


ミーちゃん

『シング・ストリート〜』はアイルランドの若者たちがロンドンを目指す物語だったね。今回の主人公はどこを目指すのかな?

わたし

みんな大好きNYだよ!

主人公のエイリシュは、アイルランドの小さな町で厳格な母と優秀な姉の3人で暮らしながら、食品店で働いているおとなしくて目立たない女性。故郷を離れ、単身NYに渡る決意をするんだ。


ミーちゃん

ふーん。エイリシュは誰が演じているの?


わたし

『つぐない』でアカデミー助演女優賞にノミネートされたシアーシャ・ローナンだよー!

『つぐない』や『ラブリーボーン』など子役のイメージもあった彼女だけど、最近だと『グランド・ブダペスト・ホテル』にも出演していたよね。



movie image

ミーちゃん

綺麗なひとだよねー!エイリシュはなんでNYに行こうと思うの?


わたし

アイルランドで暮らしている頃の彼女は、正直、どちらかというとサエないタイプで、男性にモテる美人の友人や、会計士として働く姉にコンプレックスを抱きながら暮らしているんだ。働いている食料店の店主もすごく意地悪で口うるさい女性でね。でも、当時のアイルランドにはほかに働ける場所もなくて…。

彼女は新天地で人生を再出発させることを望んでいるんだよね。


ミーちゃん

「ここではない、どこかへ」という想いは、『シング・ストリート〜』のヒロイン・ラフィーナとも似ているねー!


movie image

わたし

うん。NYでの仕事を姉が見つけてくれて、船旅を経てNYについたエイリシュは、同郷の女性たちと寮生活を始めながら、高級デパートで働き始めるんだけど…。

彼女を待ち受けていたのは、厳しい都会の洗礼と、強烈なホームシック。デパートに訪れるマダムたちと気の利いた会話ができなくて上司から怒られたり、レストランではアイリッシュ訛りをからかわれたり、服のダサさを寮の仲間たちから指摘されたりとどんどん自信を失っていくんだ。



movie image


movie image

わたし

そんな彼女を救ったのは、高級デパートの仕事を紹介してくれた神父が勧めてくれたブルックリン大学での会計士コースの受講と、とあるダンスパーティーで出会ったイタリア系の青年・トニー。

優しくて誠実なトニーに心を開いたエイリシュは、自分に自信を取り戻して、どんどんニューヨーカーらしくなっていくんだ!



movie image


movie image

ミーちゃん

衣装や背景の雰囲気が可愛いね〜!


わたし

そうなんだよねー!この頃のブルックリンってこんな感じだったのかな、と思うだけでステキだよね!

そんなわけでNYを満喫して、トニーとの未来を決心しはじめたエイリシュだったんだけど、ある悲しい報せが届いて、アイルランドへと一時帰国することを決断せざるを得ない状況になってしまうの。



movie image

ミーちゃん

そうなんだね。一時帰国ってことは戻ってくるつもりなんだよね?


わたし

うん。本人はそのつもりなんだけど、NYに戻ることを望まない人たちも居てね…。

アイルランドでの滞在が1日、また1日と伸びていく中、友人からの紹介でトニーとは正反対のアイルランドの男性・ジムと再会したエイリシュは、彼との距離がどんどん縮まっていくんだ。ブルックリンで暮らす前のエイリシュだったら、もしかしたら相手にされなかったようなジムからのアプローチに、昔は望んでも手に入らなかったアイルランドでの生活を手に入れられるという実感を得ていくんだよね。



movie image

ミーちゃん

故郷には故郷の良いところがあるからねぇ。


movie image

わたし

エイリシュは、果たして再びNYへと帰るのか、そして、ジムとトニーどちらの男性を選ぶのか。

『シング・ストリート〜』では描かれなかった、未来の先の物語に、エイリシュの心の成長と、大人になっていくほろ苦さを感じてね!


  • 原題:Brooklyn
  • 監督・脚本:ジョン・クローリー
  • 主演:シアーシャ・ローナン『つぐない』『グランド・ブダペスト・ホテル』、ドーナル・グリーソン『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』『エクス・マキナ』、エモリー・コーエン
  • 上映時間:112分
  • 公開日:7月1日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー
  • 公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/brooklyn-movie/
  • ©2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

続きを読む

あの頃の自分に思わず目頭が熱くなる。高校生たちの「ここではない、どこか」へー

作品紹介

シング・ストリート 未来へのうた

1985年、アイルランド・ダブリン。サエない14歳の少年コナーは、転校先のシング・ストリート高校でイジメにあう。そんな矢先、年上の女性・ラフィーナに一目惚れしたコナーはひょんなことからバンドを組むことになり…

『ONCE ダブリンの街角で』『はじまりのうた』の監督が贈る、最新青春音楽ムービー。

胸アツ度

98%

わたし

ミーちゃん!今日紹介する映画は『シング・ストリート 未来へのうた』だよ。この映画、個人的には、早くも今年のベスト5に入りそうだよ!


ミーちゃん

わー!いつになくテンションが上がっているね!

わたし

いやー本当によかったよー!

ミーちゃんは『ONCE ダブリンの街角で』も『はじまりのうた』も観たんだよね?


ミーちゃん

うん。

ダブリン出身の映画監督、ジョン・カーニーの作品だよね。どちらも音楽がテーマだけど、曲もストーリーもすごくよかったよね!


わたし

『ONCE〜』はアメリカではわずか2館の公開から、口コミで大ヒットしたんだよね。主題歌がアカデミー賞オリジナル歌曲賞も受賞して。

続く『はじまりのうた』は、舞台もダブリンからNYに移って、キャストもキーラ・ナイトレイが出ていたりと、インディーズ臭がなくなっていたからどうかなーと思っていたけど「音楽が持つ魔法」をさらにステキに描いていて感動したよー!

そんな監督の最新作だから、これは観逃せない!と思っていたんだ。今回の主人公は、なんと高校生の男の子たちなんだよ!ここに写っているメンバー全員が、長編映画はこの作品が初めて!



movie image

ミーちゃん

へー!初々しくていいね〜!今度はまたダブリンが舞台なのかな?


わたし

うん。1980年代、歴史的な不況に突入した頃のダブリンが舞台だよ。主人公・コナーも、金銭的な理由から学校を転校することになってしまうんだけど、そこで酷いイジメに遭うんだ。

そんな中、自称モデルの年上の女の子・ラフィーナに一目惚れしたコナーは、なんとか彼女と接点を持とうと、自分のバンドのミュージックビデオへの出演を依頼するんだ!バンドなんてやっていないのに!

でも、彼女には年上の彼氏が居てね…


ミーちゃん

わー!それは甘酸っぱい!甘酸っぱいね!


movie image

わたし

でしょう!

とにかく、そこからのコナーはもう大忙し!音楽に詳しい引きこもりの兄・ブレンダンを先生にロックの手ほどきを受けながら、曲作りに、恋に、とひたすら前向きに進んでいくんだー!



movie image

ミーちゃん

いいねぇ。映画の中でも、実際にバンドとして作った曲が演奏されるの?


わたし

うん!彼らが作る曲はもちろん、音楽に詳しくないわたしでも知っているような、例えばデュラン・デュランやザ・クラッシュといった1980年代のブリティッシュ・ミュージックに乗せて物語が進んでいくから、音楽好きな人はそれだけでもたまらないと思うよ〜!


ミーちゃん

ジョン・カーニー監督の音楽のセンスは、前2作で証明済みだから、安心だね!


わたし

恋や音楽以外にも必見なのが、主人公コナーと兄ブレンダンの関係性だよ。

実はジョン・カーニー監督は、『はじまりのうた』の完成前に、実のお兄さんを亡くしているんだ。映画の中で、お兄さんの名前「JIM」が出てくるシーンがあるんだけど、それを見ると映画の中で、彼のお兄さんが生きているんだな、ということが伝わってきたよ。エンドロールで「すべての兄弟たちに」と出てきたときは思わず泣いちゃった。

ミーちゃん

なるほど。場所といい、年代といい、この映画はジョン・カーニー監督にとって、自伝的な作品なんだね。


movie image

わたし

バンドと恋の行く末は、ぜひスクリーンで確認して欲しいけど、最後にもうひとつ!この映画のテーマで欠かせないのは、ヒロイン・ラフィーナはロンドンでモデルとして活躍したがっているところなんだ。

今の自分の置かれている環境に閉塞感を感じて、ここではないどこかへ行きたいと願うことは、ずっと変わらない若者たちの葛藤なんだろうね。

ミーちゃん

ぼくは都会っ子だから分からないけど、田舎から出てきた君にはよく分かるんだろうね。


わたし

ミーちゃん!何度も言ってるけど、埼玉はそんなに田舎じゃないんだよ!


  • 原題:Sing Street
  • 監督・脚本:ジョン・カーニー『ONCE ダブリンの街角で』『はじまりのうた』
  • 主演:フェルディア・ウォルシュ=ピーロ、ルーシー・ボイントン、ジャック・レイナー
  • 上映時間:106分
  • 公開日:7月9日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国順次ロードショー
  • 公式サイト:http://gaga.ne.jp/singstreet/
  • © 2015 Cosmo Films Limited. All Rights Reserved

続きを読む

ニックとジュディのふわふわコンビに萌えつくす!ディズニー発・最高のバディムービー誕生!

作品紹介

ズートピア

動物たちが人間のように暮らす楽園ズートピアを舞台に、“夢を信じる”ウサギの新米警官ジュディが“夢を忘れた”キツネの詐欺師ニックとともに楽園に隠れた驚くべき秘密に挑む、感動のファンタジーアドベンチャー!

故郷の田舎町から憧れのズートピアにやってきたウサギのジュディの夢は、「立派な警察官になって世界をよりよくする」ことだったが…。

胸キュン度

88%

わたし

今日紹介する映画は、ディズニー長編アニメーション55作目となる『ズートピア』だよ。


ミーちゃん

これ観たかったんだよねぇ。動物たちが主人公なんでしょ?

わたし

うん!

あ、でも「ズー」トピアだから動物園にいる動物ばっかりかな。ネコは出てこなかったよ。


ミーちゃん

なあんだ。そうなんだね。じゃあ観るのやめようかな…


わたし

ちょっと待って!ネコが出ないからって観ないのはもったいないよ!この映画、主人公たちは動物だけど、お話は今の人間社会でも起こっていることを描いていて、本当に面白いんだ。

それにね、ウサギ初の警察官となった主人公のジュディと、ひょんなことから彼女と行動を共にすることになるキツネの詐欺師のニック。この二人が本当に可愛くて、可愛くて…!史上最高のバディムービーと言っても差し支えないよ!





ミーちゃん

そうなの?


わたし

主人公のジュディは、小さい頃から正義感が強くて、警察官になるのが夢なんだ。でも警察官になれるのは、サイやカバなどタフな動物だけ。体の小さいジュディはみんなに笑われながらも、夢をあきらめず、見事ウサギ初の警察官にになるんだけど、いざ入署してみたら、任される仕事は駐車違反の取り締まりばかり…。

それでも諦めないジュディは、街で起きている行方不明事件の担当に立候補!でも与えられた時間はたった48時間。失敗したらクビで、彼女の夢も消えてしまうんだ。


ミーちゃん

それは大変だ!


movie image

わたし

手がかりがほとんどなく、焦ったジュディは、ひょんなことから出会ったキツネの詐欺師のニックと一緒に事件の手がかりを追っていくんだ。最初はお互いに騙しあいながらケンカばかりだった二人が、次第に心を通わせていってね…。

そうやって事件を追っていた二人を待っていたのは、楽園だったはずのズートピアで何かが起こっていることを予感させる衝撃の光景だったんだ!



movie image

わたし

まっすぐで素直なジュディと、そっけないけど本当は優しいニック。この二人のやり取りが、とにかくもう抜群に可愛いから、観てみてよー!


ミーちゃん

そこまで言うなら観てみようかな!ズートピアがどうなるのか気になるし!


わたし

二人は楽園に平和を取り戻せるのか-お話の結末はぜひスクリーンでね!



movie image


  • 原題:Zootopia
  • 監督・脚本:バイロン・ハワード、リッチ・ムーア
  • 上映時間:108分
  • 公開日:2016年4月23日(土)より、全国ロードショー
  • 公式サイト:http://www.disney.co.jp/movie/zootopia.html/
  • ©2016 Disney. All Rights Reserved.

続きを読む

何が人を老いさせるのか-?80歳の音楽家の偉大なる終演に人生の希望を見つける

作品紹介

グランド・フィナーレ

80歳の作曲家、指揮者のフレッド・バリンジャーは、周囲に音楽家からはもう引退したと告げ、スイスの高級リゾートホテルで親友の映画監督ミック・ボイルと共にバカンスを過ごしていた。そんな折、彼の元に代表曲「シンプル・ソング」を英女王陛下の前で指揮して欲しいという依頼が舞い込む。依頼を頑なに断るフレッド。
人は何を失ったときに老いていくのか。何事にも無気力なフレッドが抱える「指揮はできない」理由とはー?アルプスの壮大な自然と共に、喪失と向き合う人びとが奏でる、雄大なる人生賛歌。

心震える度

92%

わたし

今日は『グランド・フィナーレ』を紹介するよ。
イタリアの鬼才と呼ばれ、前作『グレート・ビューティー/追憶のローマ』がアカデミー賞外国語映画賞を獲ったパオロ・ソレンティーノが監督なんだ。


ミーちゃん

あーぼくとしたことが…『グレート・ビューティー〜』はまだ観ていないんだよね。

わたし

パオロ・ソレンティーノは、同じくイタリア生まれの映画監督で「映像の魔術師」と呼ばれたフェデリコ・フェリーニの再来とも言われているんだ!
この作品でも、その手腕が発揮されていて、本当に映像が美しいの!





ミーちゃん

ホントだ!この写真だけでもアートみたいだね。


わたし

でしょう!
主人公の音楽家フレッドは、元々は有名な作曲家・指揮者で、今は80歳なんだけど、音楽家としての活動から引退して、親友の映画監督ミックとスイスの高級リゾートでバカンスを過ごしているんだ。バカンスと言っても、娘のレナが予約したマッサージや、健康診断をこなしている感じなんだけどね。



movie image

ミーちゃん

指揮者の格好が様になっているね!


わたし

ある日、フレッドの元に英女王陛下から彼の代表曲「シンプル・ソング」を指揮して欲しいという依頼が来るんだけどね。ある理由から彼はそれを断り続けるの。
また、親友の映画監督のミックは、フレッドとは対照的に次回作を撮ることに夢中なんだけど、そんな彼もまた大きな壁にぶち当たるのね。
それにフレッドの娘のレナ。これまた美しいレイチェル・ワイズが演じているんだけど…



movie image

わたし

彼女もまた夫に浮気されるという目に遭ってしまってね。とにかく主人公の登場人物たちが、みんな深い喪失と向き合うことになるんだ。

ミーちゃん

へー!


わたし

それでね。この作品が示してくれる興味深いテーマのひとつは「人はいつ老いるのか」ということだと思うんだよね。


ミーちゃん

老いかぁ。
それは他人事ではないテーマだよ。


わたし

ミーちゃんも老いとか考えるんだね!



movie image

ミーちゃん

君よりはね。まぁ、まだ老いを考える歳じゃないとしても、いろんな年代や考え方の人の人生を観て、自分と置き換えてみることも、映画の楽しみのひとつだと僕は思っているから。


わたし

さすがミーちゃん。
人生に無気力なフレッドと、次回作に意欲的なミック。この二人を見ても、フレッドは夢も目標もなく、ただ過ごしているように見えるけれど、ミックは生き生きとしているんだよね。
肉体的なことで言えば、二人とも歳はとっているんだけど。


ミーちゃん

たしかに。生き生きしているかどうかって、年齢じゃないよね。


わたし

うん。深い喪失を抱えたフレッドは、同じく大きな喪失と向き合うこととなるミックを見て、これからの人生をどう生きていくか考えざるを得ないんだ。
それは、過去と向き合うことでもあり、そして未来の自分とも向き合っていくことなんだよね。
涙を流したり、大きな声で叫んだりするんじゃないんだけどね。後半、フレッドの感情が激しく動いたことが目で分かるシーンがあって、観ているこっちもすごく感情を揺さぶられたよ。


ミーちゃん

そうなんだ。たまには人生についてゆっくり考えてみようかなぁ。


わたし

フレッドは最後にどんな決断をするのか。人生の再生を感じさせるフィナーレは、ぜひ劇場で観てほしいな!

  • 原題:Youth
  • 監督:パオロ・ソレンティーノ
  • 上映時間:124分
  • 公開日:2016年4月16日(土)より、新宿バルト9、シネスイッチ銀座、Bunkamuraル・シネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国順次ロードショー
  • 公式サイト:http://gaga.ne.jp/grandfinale/
  • © 2015 INDIGO FILM, BARBARY FILMS, PATHÉ PRODUCTION, FRANCE 2 CINÉMA, NUMBER 9 FILMS, C -FILMS, FILM4

続きを読む

閉ざされた部屋[ルーム]からの脱出!5歳の男の子のHello,World!に涙する

作品紹介

ルーム

悲惨な誘拐事件から、脱出不能の部屋[ルーム]に閉じ込められ、身ごもった女性。子どもが5歳になったとき、母は彼に、世界を見せることを決意するー
アカデミー作品賞・監督賞・主演女優賞・脚色賞にノミネートされ、主演のブリー・ラーソンが主演女優賞を見事受賞した衝撃のサスペンス感動作。

ウルウル度

85%

わたし

今日紹介するのは2010年に出版されたベストセラー小説「部屋」を映画化した「ルーム」だよ。
主演のブリー・ラーソンがアカデミー主演女優賞を受賞して話題になったよね。


ミーちゃん

「ショート・ターム」で主人公を演じてた女性だよね!あの映画、おもしろかったよねぇ。

わたし

今回、彼女が演じるのは、誘拐事件によって小さな部屋に監禁されてしまった女性。彼女はジャックという5歳の息子と部屋の中だけで7年間も暮らしているんだけど、ジャックが5歳になった時に部屋から逃げ出すことを決意するんだ。


ミーちゃん

大変なお話だね…!ジャックは誰が演じているの?


わたし

ジェイコブ・トレンブレイという男の子だよ!まだあまり知られていなかったけれど、この映画で難しい役を演じて絶賛されたんだ。彼もアカデミーにノミネートされてもよかったくらい!



movie image

ミーちゃん

かわいい子だね!この映画は親子が部屋から脱出するまでが描かれるの?


わたし

ううん。
脱出しようとするまでが前半で、後半で「それ以降」が描かれるのがこの映画のおもしろいところだよ。
脱出の方法については、映画を見てからのお楽しみだけど、5歳のジャックがものすごい勇気を出してママを助けるために頑張るんだ。それだでももう泣けちゃうんだけど、それ以降はもっと…。



movie image

わたし

ジャックとママは部屋の中でずっと二人だけで暮らしてきていて、もちろんそれは辛い状況なんだけど、ジャックにとっては生まれてからずっとそういう暮らしをしているから、ある意味それが普通で、満ち足りているんだよね。
ママは不自由な暮らしの中でも、あるものの中で工夫して、ジャックの心と体の健康を守ろうとしているの。



movie image

ミーちゃん

本当だ。これが閉じ込められているということを知らなければ、幸せそうな親子にしか見えないね。


わたし

そうなんだよね。そうやってずっと部屋の中でジャックを守ってきたママだから、ジャックに外の世界を見せる!と決意したときも怖がるジャックを強い気持ちで奮い立たせるの。本当は怖かったと思うよ、下手したらもう二度と会えなくなってしまうわけだから…。
でも、映画の後半では、今度は逆にママの弱さがどんどん出てくるんだ。
彼女は部屋の中ではジャックのママだったけれど、元の世界では青春時代を奪われてしまった「ジョイ」という名前の一人の女の子なんだよね。
一人の女の子としての彼女は、部屋に閉じ込められてから時が止まってしまっていた。そんなママを、今度はジャックが救うんだ。これ、泣かないのは無理だよね…。


ミーちゃん

なんだかぼくも泣けてきたよ…。


わたし

歳で初めて外の世界を知ることになるジャックは、部屋の中ではニセモノだと教えられていた木や動物などの自然に触れたり、自分とママ以外の人たちと関わっていく中で、どんどん逞しく成長していくんだ。



movie image

ミーちゃん

そっか。外の世界はママにとっては「戻るべき場所」だけど、ジャックにとっては初めて出会う「発見の場所」なんだね。


わたし

新しい世界に順応していきながら、自分が知っているママとは違う新しいママの一面も見ていくことになるわけだけど…。
それでも変わらないのは、ジャックにとってママはずっとたった一人のママだってことなんだよね。


ミーちゃん

うんうん。


わたし

部屋でママから注いでもらった愛情を元に、ジャックは子どもならではの適応力と、生きようとする強い力で、ママを支えていくんだ。
子育て中は、誰でも「自分っていい親なのかな?」って不安に思うことがあると思うんだけど、この映画のジャックの姿を見たら、励まされそう!


ミーちゃん

なるほどー。単なる脱出劇じゃなく、子どもの成長と母親の愛を描いた物語だってことがよくわかったよ!


わたし

ジャックがママに「部屋」について語りかけるラストシーンは落涙必至だよ!


ミーちゃん

いいねぇ。ちょっと泣いてくるよ!


  • 原題:ROOM
  • 監督:レニー・アブラハムソン
  • 上映時間:118分
  • 公開日:2016年4月8日(金)より、TOHOシネマズ 新宿、TOHOシネマズシャンテ他 全国順次ロードショー
  • 公式サイト:http://gaga.ne.jp/room/
  • ©ElementPictures/RoomProductionsInc/ChannelFourTelevisionCorporation2015

続きを読む

「ルールはないの、あっても破るだけ。」94歳のニューヨーカーに学ぶ人生を楽しみ尽くすコツ

作品紹介

アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー

94歳にして多数の有名デザイナーから熱い視線を集めるアイリス・アプフェル。2005年にNYメトロポリタン美術館で開催された彼女のファッション・コレクション展は驚異的な動員数を記録、84歳にしてその名を広く知られることとなった。
今もなお現役のキャリアウーマンとして活躍する彼女の仕事術、100歳にして人生の幕を閉じた最愛の夫・カールとの68年にわたる結婚生活、数々の格言による彼女の人生の極意とはー

じんわり度

87%

わたし

今日紹介するのは「アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー」。
最高齢のファッションアイコンとして注目を集める彼女に4年以上にわたって密着したドキュメンタリー映画だよ。


ミーちゃん

94歳!どんな人なの?

わたし

1921年、弁護士でブティック経営者の母と、インテリア装飾家の父の元にNYで生まれたアイリスは、小さいときから服やアクセサリーをみるのが大好きで、人とは違うスタイルを意識していた女の子だったんだ。大学で美術史を学んで、ファッション誌で編集の仕事に就いたけれど、雑用係だったから、インテリアデザイナーの道に転向したの。


ミーちゃん

ふむふむ。


わたし

1948年に夫のカールと出会って結婚。1950年代にふたりで設立したテキスタイル(織物)会社が大成功をおさめて、ジャクリーン・ケネディや歴代大統領からホワイトハウスの内装修理を依頼されたりしていたんだって。
でもそのキャリアよりも目を引くのは、なんといっても彼女のファッションセンス。
見て、この写真!



movie image

ミーちゃん

わー!こんなおばあちゃん見たことないよ!


わたし

でしょう!
独創的なスタイルで、業界内では注目を集めていたアイリスだけど、彼女を世間的に一躍有名にしたのは、アイリスが84歳のときにメトロポリタン美術館で開催された彼女のファッション・コレクション展だったんだ。
アイリスと夫は仕事のため毎年3ヶ月費やして世界中を旅行して、貴重なテキスタイルデザインを見つけては修復していたんだけど、そのときの織物を衣服にしたり、工芸品を集めては宝飾品に変えたりしたコレクションを展示したんだって。この展示は口コミで大評判になって。それ以降は、広告モデルや化粧品のミューズを務めたりと大忙し。



movie image

わたし

また、彼女はテキサス大学で人間生態学の客員教授も務めて、ファッション・ビジネスを学ぶ1週間のツアーを監修して、若い学生たちに教えたりもしているんだ。


movie image

ミーちゃん

みんなすごく楽しそうだね!


わたし

とっても人気のある講座で、選考をパスしないと受けられないんだって。


ミーちゃん

そうなんだね。
映画の中では、彼女の仕事だけでなく、私生活も描かれているの?


わたし

もちろん!自宅での様子や、貴重なワードローブもね。インテリアデザイナーでもあるアイリスだから、彼女の自宅も彼女らしい個性的なインテリアでいっぱい!



movie image

ミーちゃん

隣に写っている人はだれ?


わたし

アイリスの夫のカール・アプフェルだよ。68年にわたるアイリスとの結婚生活を経て、 2015年に101歳の誕生日を目前に亡くなってしまったんだけど、この作品の中では随所に出演しているの。二人のお互いを思いやる姿や、仲睦まじいやりとりは見ているだけでうらやましくなっちゃうぐらい。


ミーちゃん

そんなに長くふたりで一緒にいるのって、どんな気分なんだろう


わたし

アイリスは子どもについても言及していて。日本でも、女優の山口智子さんが「子どもを産んで育てる人生ではない、別の人生を望んでいた」と発言して話題になったけれど、アイリスも全く同じことを言っているんだ。「子どもは望まなかった」と。


ミーちゃん

そうなんだ。


わたし

その理由は「全てを手にいれるのは無理だとわかっていたから、キャリアと旅行を選んだ」と。アイリスの夫カールはキャリアと旅行のパートナーだったんだよね。
現在子育てと仕事や趣味を両立させようとしている人が聞いたら、古い世代の意見だな、ともとれると思うけど、子育てのためにキャリアを一旦中断した人や、趣味や仕事のために子どもを望まなかった人にとっては、すごく励まされる発言だと思う。


ミーちゃん

うん。


わたし

両方手に入れたいという人ももちろん素晴らしいけれど、社会的地位も築きながら、子どもを何人も育てています!といったような方たちが取り沙汰されると、一方で「そんなスーパーウーマンにはわたしはなれない」と感じる人も出てくる思うのね。どれかを選んだ人も、選ばなかった人も、すべて頑張っている人も、みんなそれぞれで良いんだなって。アイリスの言葉には、どれも強い意志がありながらも、他人を否定しない不思議な包容力があるんだよね。


ミーちゃん

他人に、ただ自分の意見を押し付けたりするんじゃないってことだね。


わたし

うん。自分の好きなことにたいする深いこだわりや美学を持つと同時に、他人への思いやりや、ユーモアも持ち合わせていて。人生の明るく楽しむヒントになるような言葉がいっぱいだから、見ているだけでアイリスが大好きになっちゃうんだよね!
最初はもちろんファッションに目がいくんだけど、ただ洋服ばかりを着飾っているのではないことがわかる。次第に彼女の仕事に対する姿勢や、生き方そのものに惹かれていくんだ。


ミーちゃん

なんだか元気が出そうな映画だね!観てみたいな!


  • 原題:IRIS
  • 監督・撮影 監督:アルバート・メイズルス
  • 上映時間:80分
  • 公開日:2016年3月5日(土)より、角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー
  • 公式サイト:irisapfel-movie.jp
  • (c)IRIS APFEL FILM, LLC.

続きを読む

follow me