【2016年まとめ】わたしが選ぶ「今年オススメの映画」ベスト20!


movie image

わたし

今週は、2016年度に劇場公開された映画の中から、個人的に面白かったベスト20を発表するよー!

ミーちゃん

今年一番心にのこった映画は何かな〜?

わたし

まずは20位〜15位はこちら!

20位…『グランド・フィナーレ』
19位…『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』
18位…『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』
17位…『オーバー・フェンス』
16位 …『スティーブ・ジョブズ』

ミーちゃん

『スラムドッグ・ミリオネア』のダニー・ボイル監督で、脚本を『ソーシャル・ネットワーク』のアーロン・ソーキンが手がけた『スティーブ・ジョブズ』は、製品発表会の舞台裏のみをひたすら会話劇で描くという斬新な構成で面白かったよね!

わたし

続いて15位〜11位はこちら!

15位…『永い言い訳』
14位…『エクス・マキナ』
13位…『ルーム』
12位…『ちはやふる -上の句・下の句-』
11位 …『キャロル』

ミーちゃん

『ちはやふる』は、主演の広瀬すずちゃんの今の輝きをすべて閉じ込めた、素晴らしい青春映画だったね!

わたし

それではいよいよベスト10を発表するよ!

10位は…新海誠監督『君の名は。』!


movie image

ミーちゃん

言わずもがな、今年のナンバー1ヒット作品だね!

個人的に泣けはしなかったけど、面白かったー!

わたし

続いて第9位は…「ハドソン川の奇跡』!


movie image

ミーちゃん

クリント・イーストウッド作品は、間違いないね!

わたし

どんどん行くよ〜!

第8位は…『ズートピア』!


movie image

ミーちゃん

ニックとジュディ、可愛いかった〜

ストーリーの背景にも、アメリカの人種差別、偏見や思い込みなどを描いていて、見応えがあったね!

わたし

続いて第7位は…本作が商業デビュー作となる中野量太監督作品『湯を沸かすほどの熱い愛』!


movie image

ミーちゃん

原作ものの映画化作品が多い中、オリジナル作品でこんなに面白い作品が観られて、うれしかったな。

わたし

そして第6位は…『PK』!


movie image

ミーちゃん

恋あり、笑いあり、踊りあり、涙あり、政治あり、なんでもありのインド映画にもう夢中だよね!

わたし

ふふふ。いよいよベスト5だよ!

第5位は…『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』!


movie image

ミーちゃん

ハリポタロスを埋めてくれる、新シリーズの登場に心震えたよね!

わたし

全5部作だから、あと4作楽しみだね〜

そして第4位!『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』!


movie image

ミーちゃん

「ビフォア〜」シリーズのリチャード・リンクレイター監督による青春映画の傑作だね!

わたし

いよいよベスト3!

第3位は…『この世界の片隅に』!


movie image

ミーちゃん

戦争の中、ユーモアを忘れずに前向きに生きる主人公・すずさんをのんが演じて評判を呼んだね。今も口コミがどんどん広がっているみたい!

わたし

戦争に対して、日々の暮らしを丁寧に生きることで戦ったすずさんに心を打たれたなぁ…

そして、第2位は…『シン・ゴジラ』!


movie image

ミーちゃん

早口で語られる膨大なセリフとスピーディーなカットにリピーターも続出したね!

わたし

公開まであまり前評判がなかっただけに、公開後の爆発的な勢いはすごかったね!

興行収入でこそ『君の名は。』に追い抜かれてしまったけど、『シン・ゴジラ』から今年の映画界は盛り上がった気がするよ!

そして2016年、個人的ベスト第1位は…

『 シング・ストリート 未来へのうた』!


movie image

ミーちゃん

これもまた青春映画の傑作だよね〜!

こうして見ると、今年は青春映画で面白いものが多かった気がするな。

わたし

うんうん。

「シング・ストリート」は音楽もすごく好かった。「エブリバディ・ウォンツ・サム!!」も「君の名は。」も、青春映画と音楽って相性がいいのかも。

ミーちゃん

来年もどんなステキな作品に会えるか楽しみだね!

ズバリ、注目の作品は?

わたし

邦画では3月に前編、4月に後編は公開される『3月のライオン』や、同じく漫画原作の『東京喰種 トーキョーグール』も注目だよ!

洋画では、アカデミー最有力と言われる『セッション』のデミアン・チャゼル監督最新作・『ラ・ラ・ランド』、「バットマン」シリーズのクリストファー・ノーラン最新作『ダンケルク』、日本アニメ「攻殻機動隊」が原作の『ゴースト・イン・ザ・シェル』が楽しみ!

人気シリーズの最新作もつぎつぎに登場するよ!「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』、『スパイダーマン:ホームカミング』、1982年公開の『ブレードランナー』の続編『ブレードランナー 2049』、女性版『オーシャンズ11』の『オーシャンズ8 』、『トレインスポッティング』の続編『T2 トレインスポッティング2』、年末には「スター・ウォーズ」のエピソード8も公開になるね!

ミーちゃん

わー盛りだくさん!!どれもこれも面白そうで待ちきれないね!

来年もいい年になりますように!

わたし

みなさん、よいお年を〜!

続きを読む

エピソード4を観てから観るか、観る前に観るか。入門編にも最適な「スター・ウォーズ」最新作を見逃すな!

作品紹介

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器、デス・スター。それは、惑星をも破壊するのに十分な威力を備えた、武装宇宙ステーションだった。その開発の中心者である科学者ゲイレン・アーソの娘のジンは、デス・スターの設計図を奪うため、帝国軍と対立する反乱軍のチーム「ロ―グ・ワン」に加わり、仲間たちと極秘ミッションに挑むが…。

『エピソード4/新たなる希望』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図はいかにして入手されたのか?ジョージ・ルーカスのアイデアから誕生した、初めて描かれるキャラクターたちによる、新たな世界を描いたもうひとつの「スター・ウォーズ」最新作。『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリー。

ドキドキ度

83%

わたし

今週のオススメは、『エピソード4/新たなる希望』の直前を描いた「スター・ウォーズ」最新作、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』だよー!


movie image

ミーちゃん

去年のエピソード7に続いて、今年も年末にスター・ウォーズが観られるなんて幸せだね!

わたし

うんうん!

中身もファンにはたまらない内容になっているけど、あえて今回はこれまでスター・ウォーズを観たことのない人にも入門編としてオススメしたいよ!


movie image


movie image

ミーちゃん

スター・ウォーズを観たことない人なんているかな!?

わたし

いるでしょ!

まず、スター・ウォーズは、はじめにエピソード4、5、6が作られたんだ。レイアとルークがダース・ベイダーと戦う話だね。

ミーちゃん

そこから!?

わたし

そのあとに作られたのが、エピソード1、2、3。エピソード4、5、6から約20年前、ダース・ベイダーがどのように誕生したかを描いている作品だよ。

そして昨年登場したエピソード7は、エピソード4、5、6から30年後の新たなお話だったんだよね。

ミーちゃん

説明が雑…!!

わたし

まあまあ。

そして今回の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は、第1作目であるエピソード4の直前のお話なんだよね!

なので、今回の作品でスター・ウォーズに興味を持った人は、これまで1作品も見たことがなくても、この作品の後からエピソード4、5、6、1、2、3、7という順番で観ることができて、さらに来年以降にはエピソード8と9が待っているという…!

ミーちゃん

な、なるほど…!

わたし

もちろん、エピソード4を観ていた方が楽しめることは間違いないんだけど、今改めてエピソード4を観るよりも、劇場で公開されている本作を観る方がハードルが低いと思うんだよね。

初めて観る人にとっては、ダース・ベイダーぐらいしか知らないかもしれないけれど、本作だけでも十分楽しめる内容になっているから、大丈夫だよ!

ミーちゃん

確かに、そういう考え方もあるかもね…!

それじゃあ、初めての人でもわかる「ローグ・ワン」の魅力を教えてもらえるかな!?


movie image


movie image

わたし

今回の主人公・ジンは、自分の父親である科学者ゲイレン・アーソが、銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器、デス・スターを作ったと知らされるんだ。

惑星をも破壊するのに十分な威力を備えた凶悪な兵器であるデス・スターをなぜ、自分の父親は作ったのか。この父と娘のドラマがまず第一の見どころだよ!


movie image

ミーちゃん

スター・ウォーズといえば家族の話だもんね!

わたし

そしてもう一つの見どころは、ジンがある理由からデス・スターの設計図を奪いに行く極秘チーム「ローグ・ワン」のメンバーたち!

特に、元帝国軍のドロイドであるK-2SOと、ドニー・イェン演じる盲目の修道僧チアルートは最高だよ!


movie image


movie image

ミーちゃん

ドニー・イェン!予告編を見たときから、かっこいいなと思ってたんだ!

わたし

もちろん、映像もとてもかっこいいよ!

エピソード4を観てから観るか、観る前に観るかー。悩ましいところだけど、スター・ウォーズを観たくても、観逃していた人は、この機会にぜひ劇場に足を運んでみてね〜!


  • 監督:ギャレス・エドワーズ『GODZILLA ゴジラ』
  • 原題:ROGUE ONE A STAR WARS STORY
  • 出演:フェリシティ・ジョーンズ/ディエゴ・ルナ/ベン・メンデルソーン/ドニー・イェン/チアン・ウェン/フォレスト・ウィテカー/ マッツ・ミケルセン/アラン・テュディック
  • 上映時間:134分
  • 公開日:12月16日(金)より全国ロードショー
  • 公式サイト:http://starwars.disney.co.jp/movie/r1.html
  • (C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

続きを読む

変わらない「あの頃」の青春!リチャード・リンクレイター監督による、1980年代版『アメリカン・グラフィティ』がここに!

作品紹介

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に

1980年9月、南東テキサス州立大学、野球部。新学期まで3日と15時間。野球推薦で入学することになったジェイクは、新学期のスタートの前に野球部の寮にやってきた。寮で出会う先輩たちは、野球エリートとは思えないようなめちゃくちゃな奴ばかり。大人への一歩を踏み出そうとするジェイクの長い1日は女の子たちのナンパから始まり…。

『6才のボクが、大人になるまで。』で、6才〜18才までの一人の少年の成長を実際に12年の歳月を費やして撮影し、2014年の映画賞を席巻したリチャード・リンクレイター監督が贈る、高校を卒業したばかりの主人公が大学に入るまでの数日間を描いたグラフィティ・コメディの傑作!

青春度

99%

わたし

今週のオススメは、『ビフォア〜』シリーズ(ビフォア・サンライズ、サンセット、ミッドナイトの3部作)や、『6才のボクが、大人になるまで。』で知られる、リチャード・リンクレイター監督による最新作『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』だよ!

ミーちゃん

米タイム誌が選ぶ「2016年にアメリカで公開された映画のトップ10」にも選ばれていたよね!

観たいと思ってた〜!

わたし

リチャード・リンクレイター監督といえば、1日に起こる出来事を会話劇で描くのがお得意だけど、本作でも大学が始まるまでの数日間を、主人公と周りの人物たちの会話で魅せてくるよ!

ミーちゃん

『ビフォア〜』シリーズでも大量のセリフがあるけれど、それが全部いいんだよねぇ。

わたし

実は監督は、93年製作の『バッド・チューニング』という映画で1976年のテキサスを舞台に、新入生の歓迎会で馬鹿騒ぎする高校生たちの1日を描いた青春グラフィティ映画を撮っていてね。

それに『6才の〜』では、18才になった主人公が大学に入学するシーンで終わっているから、本作はその続編的な意味合いで観ても、おもしろいつくりになっているんだよね。

ミーちゃん

へー!どんなお話なの?

わたし

主人公は、野球推薦で南東テキサス州立大学に入学することになった新入生のジェイク。不安と期待を胸に、野球部の寮に入るんだけど、そこで待っていたのは個性豊かな野球部のチームメイトたちで、ナンパにディスコにと大騒ぎの1日が始まって…というお話だよ。

この野球部のメンバーがとにかく風変わりで、おもしろいの!たくさんのチームメイトたちが出てくるけど、とにかくセリフが多いから、それぞれの性格や個性がどんどんインプットされて、はじまってすぐに全員のキャラを把握できちゃうよ。


movie image

ミーちゃん

この写真の全員、把握できちゃう!?

わたし

できちゃう、できちゃう!

本作で描かれる大学が始まるまでの3日間は、特に大きなできごとが起こるわけではないんだけど…。

1980年代の学生たちの空気間を知らないわたしでも共感できてしまうのは、この作品が18才を待ち受ける空気間を完璧に表現しているから。


movie image


movie image

ミーちゃん

例えば、どんな?

わたし

高校を卒業したばかりの18才にとって、大学は大人の一歩を踏み出す場所。若くて、情熱があって、何でも手に入るような気分になったりして。

何にも縛られない大人の自由を満喫しつつも、どこかでこの時は永遠には続かないと知っている。

変わらない青春のバカバカしさと、その幸福な時間の再現に、笑って、ふいに涙したよ。


movie image


movie image

ミーちゃん

なんでもない時間の、なんとかけがえのないことか…。

大人になると、人生はそんなに長くないと気づいてしまうからこそ、まるで時間が無限にあるかのように思えた青春時代が懐かしいんだよね。


movie image


movie image

わたし

社会に出ると、仕事や家庭や、日々のあれこれに忙殺されて、なんでもない・くだらない・仲間たちとバカ騒ぎするような、そんな時間はなかなか取れない人も多いよね。

この映画で描かれるのは「永遠に続かないからこそ、色褪せない青春のひととき」。その輝きが眩しくて、過ぎ去った幸福の瞬間を目の当たりにしたことに、ふと涙が零れるたんだと思う。

途中である理由で野球部を去っていくチームメンバーの一言が胸に染みるよ。青春時代を楽しくも切なく、そして美しく描いたこの作品を観逃さないでねー!

  • 監督・脚本・プロデューサー:リチャード・リンクレイター『6才のボクが、大人になるまで。』
  • 出演:ブレイク・ジェナー、ゾーイ・ドゥイッチ、グレン・パウエル
  • 上映時間:117分
  • 公開日:11月5日(土)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー
  • 公式サイト:http://everybodywantssome.jp
  • ©2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

続きを読む

【番外編】「木曜日のシネマ的」映画好きのための、がんばり過ぎないホームシアターのススメ


movie image

ミーちゃん

またやってしまった…

わたし

どうしたの!?

ミーちゃん

面白そうだな、と思っていた映画の公開が終わってしまっていたんだ。

わたし

あるあるだよね…。見逃した映画がすごく評判になっていたことをあとから知ったり。

ミーちゃん

大きいスクリーンで見たかったなぁ。

わたし

今日はそんなミーちゃんに、朗報!

お家で映画を観るための、ホームシアターに必要なものの揃え方を紹介するよ!

ミーちゃん

ホームシアター!

興味はあったけど、どこから手をつけてよいのか分からなかったんだ。

全部良いものをそろえるとものすごくお金がかかりそうだけど、中途半端に微妙なものは嫌だし…。

わたし

そうだよね、何を用意したらよいのか、どこのものを選んだらよいのか、製品も多すぎてなかなかハードルが高いよね。

今日は、音や映像にこだわりすぎなくてもいいけど、でもそこそこ良い環境で映画が観たいというミーちゃんにぴったりな、お金をかけすぎない「ちょうどいい」ホームシアターの作り方を紹介するよ!

ミーちゃん

わー楽しみ!

わたし

DVDやBlu-Ray、今だとHuluやNetflixにAmazonTVなどコンテンツを再生する機器はいろんな選択肢があるから、今回はその紹介は省くね。

それ以外でホームシアターに必要なのは、①スクリーン、②プロジェクター、③AVアンプ、④スピーカーの4点。

遮光カーテンもあると、部屋が真っ暗になるのでオススメだよ!

①と②は大型テレビでも代用可能だけど、劇場派のミーちゃんの気分を盛り上げるためには、映画館の雰囲気がでるスクリーンが良いよね!

ミーちゃん

うんうん!

わたし

はじめに①のスクリーンだけど、スクリーンのサイズは、スクリーンと映画を観る場所、たとえばソファなどとの距離によって適切なサイズがあるんだ。

大きければ大きいほど映画館っぽさは味わえるけど、どのぐらいのサイズまで設置が可能か、お部屋のサイズと合わせて確認してみてね。

このサイトがわかりやすかったよ。

ミーちゃん

なるほど!観る場所との距離によって推奨されるスクリーンサイズがあるんだね!

わたし

ちなみに、オススメはボタンひとつでスクリーンが降りてくる電動スクリーンだよ!

手動だと毎回下ろすのが面倒くさいし、電動ってだけでテンションがあがること間違いなし!

ミーちゃん

たしかに、手動よりも「これから映画を観るぞー!」っていう雰囲気が出るかも。

わたし

次に②のプロジェクターだけど、4Kにするのか、フルHDかで価格に大きな差があるよ!4K画像の解像度は、フルHDの約4倍!

ただ、プロジェクターは基本は数年だけ使う消耗品だと考えると、フルHDのものが今はオススメかな。

プロジェクターはEPSONのものなんかが人気だよ。

ミーちゃん

4KとフルHDでは、値段はいくらぐらい違うの?


わたし

そうだね、フルHDのプロジェクターは、人気のものでも10万以内からかな。

4Kだと50万以上かかってしまったりするよ。

ミーちゃん

全然値段が違うんだね!

ぼくはまだフルHDで良いかな。


わたし

わたしもそう思うよ。

そして次にAVアンプ。AVアンプはプロジェクターとスピーカーをつなぐもののようなイメージかな。複数のスピーカーを再生するのに必要だよ。

良いものにこだわろうとすると本当に高くなるし、型落ちのものが安く買えるのでそこまでお金をかけなくても良いかな、と個人的には思っているよ。

AVアンプはYAMAHAのものなんかが人気だよ。

ミーちゃん

へー。10万円以下で買えるものもあるんだね。


わたし

そして最後にスピーカー!5.1chとか7.1chとか色々聞くと思うけれど、掃除をするときや、たとえばお子さんの居る家庭なんかでは、スピーカーをいくつも置くと、正直、邪魔になることも多いよね…。

そこでオススメなのが、サウンドバー!画面の下にこれひとつを設置するだけなので、楽チン。AVアンプが付属または内臓しているものを選べば、③のAVアンプも必要なくなるよ!

YAMAHAの「YSPシリーズ」SONYのこれなんかがおすすめだよ!

ミーちゃん

へーこれひとつで良いなら置き場所にも困らないね!

わたし

配線の天井や床・壁への埋め込みも必要ないしね。

ミーちゃん

全部揃えたらかなり良い環境で楽しめそうだね。

貯金して買ってみようかなぁ!


わたし

うん!こだわろうと思えばいくらでもこだわれてしまうホームシアターだけど…。

今回は30万〜50万円以内ぐらいで満足度高く、そこそこ本格的に楽しめるものを紹介したよ!観逃してしまった映画も、自宅で大きなスクリーンで楽しめたら最高だよね!

ぜひ参考にしてみてね♪

続きを読む

follow me